楽天ポイントの使い道!期間限定はどう使うのがオススメ?

楽天ポイントを貰ったはいいけど、どこで使うか迷ってしまうことってありますよね。

私は楽天ポイントを「無駄なく効率よく使いたい!」と思い、頑張ってヘルプや詳細を読んできました。

楽天のヘルプと何日もにらめっこして見つけた、一番効率の良いポイントの使い方をまとめています。

参考になると思うので、ぜひ読んで下さい!

この記事では、楽天ポイントのおすすめの使い道を、通常ポイントと期間限定ポイントに分けて紹介しています。

通常ポイント最終ポイント獲得から1年
期間限定ポイント指定された期日まで
スポンサーリンク

楽天ポイントの良くない使い方

まず最初に思い浮かぶであろう、ポイントの使い道「楽天市場」。

実は、あまりオススメできません。

簡単にまとめると、SPUで貰えるはずのポイントが貰えなくなるからです。

どうしても使いきれない場合の、最終手段として取っておきましょう。

詳しくは、こちらの記事『楽天ポイントを無駄なく、効率よく使うには、楽天市場で使わない!』を参考にしてください。

楽天ふるさと納税をオススメしない理由

「楽天ふるさと納税」をオススメしている方もいますが、私はやめた方がいいと思っています。

楽天ふるさと納税は、楽天市場内の通常の買い物と同様の取り扱いになると書かれています。

(参照:【楽天市場】よくある質問 – ふるさと納税について)

つまり、楽天ふるさと納税はSPU対象なので、ポイント利用すると貰えるポイントが減ってしまいます。

楽天市場でのポイント利用を、オススメしない理由と同じですね。

期間限定ポイントの利用先

  • 楽天市場の端数支払
  • 楽天モバイルの料金支払い
  • 楽天ペイでの決済

上記の3つが、私のオススメです。

期間限定ポイントを、効率的に使うことができます。

楽天市場の端数支払い

楽天ポイントは、100円の購入で1ポイント付きます。

端数は切り捨てになるため、150円でも199円でも同じ1ポイントです。

購入時の金額を見て、端数として切り捨てられる「1~99ポイント」を使うのが、賢いポイントの使い方です。

514円 →【14ポイント利用】→ 500円

2,960円 →【60ポイント利用】→ 2,900円

19,800円 →【ポイント利用なし】

※100ポイント以上使うと、貰えるポイント数が減るため非推奨。

楽天モバイルの料金支払い

楽天モバイルの料金支払いに、期間限定ポイントを利用できます。

スマホ代は毎月かかるものなので、期間限定ポイントをいつ貰っても安心して消費が可能。

楽天モバイルはいわゆる『格安スマホ/SIM』ですが、楽天ユーザーならさらにお得になります

  • 利用料金100円につき、1ポイント貰えます。
  • ポイントで支払っても、ポイント付与対象です。
  • 通話SIMなら、SPU(1倍)になります。

楽天モバイルなら、ポイント消費をしつつポイントを貯められます。

楽天市場の買い物も、SPU(1倍)でポイントアップします。

現在「スマホ料金が少し高いな」と感じている方は、これを機に楽天モバイルに乗り換えてみてはいかがでしょうか?

スマホ料金が安くなり、貰えるポイントが増え、大幅な節約になりますよ!

公式サイト:楽天モバイル

楽天ペイでの支払い

楽天ペイを使えば、実店舗でも期間限定ポイントを利用できます。

提携先にはコンビニもあるので、少額のポイント消費に便利です。

キャッシュレス化の流れが強くなり、使える場所がどんどん増えているのも嬉しい点。

今後さらに、活躍できる場所が増えていくと思います。

楽天ペイは200円の利用で1ポイントたまるので、ポイント消費しつつポイントが貯められます。

スポンサーリンク

楽天通常ポイントの使い道

楽天通常ポイントは、期間限定ポイントが使えない「楽天証券のポイント投資」がオススメです。

貯金を切り崩して、株や投資信託を購入するのは気が引けますが、ポイントなら気軽に始められますよね。

1回500円以上のポイント投資した月は、SPU(1倍)になるので、楽天市場での買い物がお得になります。

楽天通常ポイントは、ポイントを貰うたびに有効期限が伸びます。

使わずに貯めて置いて毎月500ポイントずつ投資すれば、ずっとSPU1倍にすることも可能。

余談ですが、楽天証券と楽天銀行を口座連携すれば、普通預金に優遇金利が適用され「年0.10%」になります。

ポイント投資、優遇金利、SPU(1倍)と至れり尽くせりなので、まだ楽天証券を利用していない方は要登録です!

使い道に悩んでしまったら

期間限定ポイント:楽天市場(端数), 楽天モバイル, 楽天ペイ

通常ポイント:楽天証券のポイント投資

期間限定ポイントは、有り余っている人でもない限り「楽天市場」「楽天モバイル」「楽天ペイ」で使い切れると思います。

それでも余っている場合は「楽天トラベル」「楽天デリバリー」「楽天ビューティ」など、楽天経済圏で利用しましょう。

通常ポイントは、「楽天証券」のポイント投資一択だと私は思っています。

ポイントの使い道の中で、1番リターンが見込めますからね。

あくまでも投資は自己責任でお願いします。

ポイントの効率よりも大切なもの

ポイントの効率を気にしすぎて息苦しく感じるくらいなら、パーッと好きなものに使ってしまいましょう。

ポイントの使い道に悩んで、無駄に使ってしまう『時間』は、ポイントでもお金でも買えないものです。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

お得に生活するならハピタス
楽天ポイントを無駄なく使う

タイトルとURLをコピーしました