楽天ポイントを無駄なく、効率よく使うには、楽天市場で使わない!?

あなたは楽天ポイントを、楽天市場で使っていませんか?

実は、楽天市場でポイントを使うのは、最後の手段であると分かったのでこの記事で紹介します。

なぜ、楽天市場でポイントを使わない方がいいのか。それはSPUのポイント付与条件が関係しています。

スポンサーリンク

ポイント支払いすると倍率がつかないSPU

サービス倍率
楽天カード+2
楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカード+2
楽天銀行+楽天カード+1
楽天の保険+楽天カード+1

詳細:【楽天市場】SPU(スーパーポイントアッププログラム)

上記の4サービス、すべてポイント付与対象が「楽天市場でのカードご利用額」なんです。

カードご利用額なので、ポイントを使って購入すると貰えるポイントが減ってしまうんです。

他のキャンペーンはポイントが貰えます

ポイントで購入しても、貰えるポイントに影響がないサービスは、記載が「楽天市場でのお買い物金額」になっています。

「お買い物マラソン」「ポイントバック祭」「5と0の付く日」などのキャンペーンは、記載がお買い物金額になっています。

詳しくは、各キャンペーンの詳細を確認してください。

つまり、問題になってくるのは、ポイント付与条件が「楽天市場のカードご利用額」であるSPU。

これらのSPUで貰える『2~6倍』のポイントを捨てて、ポイント支払いするかどうかです。

ポイント支払いをした場合

私の場合、楽天カード(2倍)と楽天銀行(1倍)を利用しています。

もし楽天市場で、1000円の商品をカード決済で購入したとします。

楽天カードと楽天銀行で、SPUポイントが3倍なので、1000円の3%である『30ポイント』を貰えます。

全額ポイント支払いした場合

全額ポイント支払い(1000ポイント利用)した場合、カード利用をしていないため、『0ポイント』です。

SPUで貰える30ポイント分、捨ててしまうことになります。

半分をポイントで支払った場合

半分の500ポイント利用したら、付与対象は「カードの利用額」である500円分。

つまり、貰えるSPUポイントは『15ポイント』になります。

場合によってはマイナスになる

期間限定ポイントが、1ポイント余っていたので利用。カードの利用金額が999円になったとします。

楽天ポイントは、100円ごとに1ポイント貰える端数切捨て方式です。

そのため、貰えるSPUポイントは『27ポイント』になります。

支払いに1ポイントを使って、獲得が3ポイント減ってしまいました。合計で4ポイント損する、もったいない使い方です。

スポンサーリンク

楽天ポイントは何に使うべきか

楽天市場で買い物をする際、ポイント支払いをすると損してしまうことが分かったと思います。

ですが、いくら損すると言っても、他に使い道が無ければ楽天市場で使うしかありませんよね。

じゃあ、何にポイントを使ったらいいの?

という内容を書いたのが、こちらの記事『楽天ポイントの使い道!期間限定はどう使うのがオススメ?』です。

もしよかったら見てください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました