ブログは好き勝手に、自由に書いていいんだyo!

ブログは自分の好き勝手に、自由に描いていいんです。

あなたは良い記事にしようと思って、何も書けずに過ごしていませんか?

評価されたいから、分かりやすく書かないといけない。

お金が欲しいから、人に役立つ記事を書かないといけない。

気持ちは分かりますが、ブログは基本的に「自由」ですよ?

人の評価やお金なんて、後回しでいいんです。

自分の好きなことを書けばいいんです。

もっと自由に、もっとたくさん書きましょう

たくさん書いているうちに、「評価される記事」や「人の役に立つ記事」が、書けるようになっています。

振り返って見た時、あまりにもひどいページは、ゴミ箱に入れてしまえばいいんです(笑)

スポンサーリンク

偉大な芸術家も練習した

「パブロ・ピカソ」「クロード・モネ」「ダ・ヴィンチ」etc.

どんな偉大な芸術家も、生まれた時から、素敵な絵が描けたわけではありません。

何度も練習し、何度も失敗して、何度も描き直しているんです。

数えきれないほどの失敗作を描いた末に、人に評価される絵を描けたのです。

下手くそな文章でもいいんです。

あなたは、今日どれくらい記事を書きましたか?

知識よりも書くことが大切

あなたが目指すのは、ブログを書く側である「ブロガー」ですよね?

だったら、とにかく記事を書きましょう。

テクニックやノウハウをいくら知っていても、「ブロガー」じゃありません。

だって、何も生み出していないんですから。

「評論家」を目指しているなら、別にいいんですけどね……。

まずは、ひとつのテクニックを使って書いてみる。それを身に付けたら、次の方法を試してみる。

そうやって、少しずつ自分の技術を増やしていくことで、より良い記事が書けるようになるのです。

スポンサーリンク

自分の色は後からでいい

ちょっと哲学っぽくなりますが、私たちは「その人がその人であること」を、どうやって認識しているでしょうか?

たとえば、あなたと私は同じ人間ですが、どうやって別人だと判断しますか?

もしかしたら、顔が似ているそっくりさんかもしれません(笑)

その場合、見た目だけじゃ難しいですよね。

出身や育ち、話し方や趣味嗜好、得意なことや苦手なものなど、総合的に見て判断するはずです。

ブログも同じことが言えます。

ひとつの記事だけで、自分の色をだすのは無理です。

あなたの趣味や興味、文章構成に言葉選び。記事のひとつひとつが、あなたの色になっていくのです。

たくさん記事を書かなければ、自分の色を知ることも、人に知ってもらうこともできません。

他人と似た記事でもいい

他人と「同じような記事になってしまう」と、悩む必要はありません。

「同じような考え方をする人がいる」というだけです。

  • 親が言う「勉強した方がいいよ」
  • 友達が言う「勉強した方がいいよ」
  • 尊敬する人が言う「勉強した方がいいよ」
  • 酔ったおじさんが言う「勉強した方がいいよ」

発信する人が違うだけで、共感できたり、できなかったりしませんか?

似たような文章でも、見るタイミングや表現が少し違うだけで、受け取り方がおおきく変わるものです。

読者からすると、記事のひとつひとつが貴重な意見です。同じ考えの人が多いと分かれば、それだけで安心できますからね。

誰かと似たような記事でも、ドンドン書けばいいんです。

大切なのは、あなたが自分の言葉で発信したいかどうかです。

あなたにしか書けない

あなたの「体験」「考え方」「表現」、どれもあなたにしかできないものです。

あなた以外に、書ける人はいないんです。

あなたの言葉を、ずっと待っている人がいるはずです。

今から少しだけ、記事を書きませんか?

この記事を読んで、「記事を書き始める方」がいたら嬉しいです。

報告も待ってます!笑

Twitter:@indoorsoul

タイトルとURLをコピーしました