映画『ドリームハウス』のあらすじ・感想(後半:ネタバレ含む感想・伏線考察)

「ドリームハウス」ときいて、あなたはどんな家を思い描きますか?

重度のインドアである私は、『ハウルの動く城』みたいに動いてくれる家が理想です(笑)

ちなみに、この映画のジャンルは緊張感あふれるスリラーです。

そう聞いた瞬間、ドリームという言葉の印象が、ガラッと変わってしまいますよね。

この映画の内容も同じくらいインパクトがあります。

ホラーが苦手な私でも十分に楽しめました。

2度、3度と見たくなるスリラー映画。

スポンサーリンク

映画『ドリームハウス』

ドリームハウス [DVD]
ぐるぐる王国FS 楽天市場店

~映画情報~

  • 2011年
  • アメリカ/カナダ
  • スリラー
  • 1時間32分

~監督~

  • ジム・シェリダン

~脚本~

  • デビッド・ルーカ

~出演者~

  • ダニエル・クレイグ
  • ナオミ・ワッツ
  • レイチェル・ワイズ
  • マートン・チョーカシュ
  • イライアス・コティーズ

映画『ドリームハウス』の感想

おもしろくて何度も見返してしまいました。

ジャンルがスリラーなので、心臓が飛び出ないか心配していたのですが杞憂きゆうに終わりました。

ストーリーのテンポがよく、展開もかなり凝っています。

ジャンルがジャンルなので、あまり多くを語れないのが悔しいですね。

友人と一緒に見ると、視聴後に伏線の話で盛り上がれるかもしれません。

いやー、もう1回見てきます(笑)

スポンサーリンク

映画『ドリームハウス』のあらすじ

雪が降り積もる4月。

編集者のウィルは、みんなに惜しまれながら退職した。

退職理由は、家族との時間を大切にするため。

念願のマイホームで妻と娘2人、仲良く幸せに暮らし始める。

ある日の夜、娘が「窓に人がみえた」とウィル達のいる部屋に駆け込んできた。

家族で確認したところ娘の勘違い。一家は笑顔に包まれる。

だが翌朝、外に出たウィルの表情が凍り付く。

ネタバレ含む感想・伏線考察

以下、ネタバレを含みます。

1度目と2度目で、見える世界が変わるのが面白い。

ネタバレ含む感想では、映画内の伏線について取り上げていきます。

まだ映画を見ていない人は、絶対に見ない方がいい。

ホント見ない方がいい。

退社した出版社

ウィルが退社した出版社。

実は、精神医療施設でした。

ウィルの退社を祝福してくれている社員達。服装は変わっていますが、施設の入居者や関係者です。

ウィルのことを、ミスターAと呼ぶトミー。

彼の「ここに住んでいると思った」は、ウィルが仕事人間だからではなく、同じ施設入居者だから出た言葉だったんですね。

犯人は監視していた

退社した後、ウィルは電車に乗って家へと向かった。

その電車内で微笑みかけてくる男こそ、ウィルの家族を殺したフードの犯人。

序盤から犯人を出してくるとは、かなり挑戦的ですよね!

顔のアップに違和感はありましたが、まさか犯人だとは思いませんでした。

てか、2週目で犯人と同じ顔って気づいた。顔覚えるの苦手だもん!

娘が窓越しに見た「大きな頭のケバケバ」、茶色の車で脅かしてきた「フードの男」もたぶんこの人。

家を立ち退きさせられた後、中に入ろうとしたウィルをライトで追い返したのもこの人。堂々と監視宣言までしていた。

ウィルの描く物語

ウィルが奥さんに、物語の内容を聞かれたときの言葉。

「話したら消えてしまうかも。でも登場人物はできてるよ。今君が見えているくらいにはっきりしてる。」

2週目を見ている際に、そういうことかぁあああ!となりましたね。

ストーリーを話している途中で自分の記憶がよみがえれば、奥さんが妄想であると理解し、パッと消える可能性がありますからね。

「今君が見えているくらいに」という言葉も、奥さんが消える存在であるという伏線だったのでしょう。

隠し部屋にいる娘たち

おままごとの部屋で遊んでいる娘たちは、お互いのことを「キャサリン姫」「ベアトリス姫」と呼び合っています。

おもちゃで遊んでいるだけだろうと、会話の内容は気にしていませんでしたが、ちゃんとした伏線でした。

娘が「子供たちは幸せだったよ」と言っているのは、自分たちは幸せだったよとウィルに伝えているんです。泣きそう。

更生施設の出入り

ウィルが更生施設につくと、頑張れよと声をかけられたリ、受付に入居者よと言われたりしています。

あいさつをされただけ、患者に間違われただけと思っていた私は、完全に作者の手のひらの上です(笑)

元々、ウィルが住んでいたのですから、写真を忘れていても不思議ではありませんよね。

一番不思議なのは、ウィルが部屋に入るときには無かったものが、次の瞬間には出てくることです。

そう、左奥の壁に飾られた十字架です。(どーでもいい)

服装で混乱する私

ウィルがアンの家に行き、お風呂に入るシーンがあります。

ウィルがお風呂に入る前、アンと娘は車に乗っています。ウィルがお風呂から出ると、2人は家にいます。

お風呂で寝ている間に、出かけて帰ってきたってことですよね?

アンの服装が変わっていたり、ジャックがウィルの存在を知っていたりして、「もしかして数日後の話?」と混乱しました。

2人の帰宅が分かるシーンを入れて欲しかったですね。同日の出来事なら、せめてアンの服装は変えないでくれ……。

家族との別れ、火事からの脱出。

火事になった家から、メモ帳をもって出てきたウィル。

消防隊員に「中に人は?」と聞かれ、「No.」と一言。

自分の家族が既に亡くなっているという現実を受け入れ、前に進めたんだなと感動していました。

ですが、よく考えてみると2人ほど中に残ってますよね?(笑)

せっかくの感動が薄れてしまいました。

あのあと、ウィルは犯人だと疑われて、きっと大変だったでしょう。

アンが生き残っていなければ証人が誰もおらず、再び犯罪者として捕まっていたかもしれません。

たくさん伏線を書きましたが、まだまだありそうですよね。面白い伏線があれば、ぜひ教えてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました