ギター練習の流れ「意識しているポイントやコードチェンジについて」

ギター歴が10ヶ月になり、練習メニューがすこし変わったのでまとめておきます。

私のギターの腕前は、YouTubeの動画リスト『ギターの成長記録』をどうぞ。

ここ2ヶ月くらいは週3回、1日約1時間のペースで練習しています。

ギターの弦が切れたり、周囲の環境だったりでペースが落ちていました。

予備の弦は購入してあるので、環境さえ落ち着けばまた週5くらいのペースに戻ると思います。

スポンサーリンク

ギター練習の流れ

  1. チューニング
  2. 基礎練習(スラム奏法)
  3. 曲練習(複数曲)

チューニング

チューニングは相変わらず、無料のアプリの『Guitar Tuna』を使っています。

Google PlayApp Store
ダウンロードダウンロード

基礎練習(スラム奏法)

以前まではストロークの練習をしていましたが、現在はスラム奏法の基礎練習をしています。

クルーニーさんのチャンネルに解説動画があるので、挑戦したい方はぜひチェックしてください。

私は始めたばかりで、演奏に取り入れる余裕はありませんが、将来を見据えてコツコツ続けています。

スラム奏法(ストローク編)

スラム奏法(アルペジオ編)

アルペジオはかなり難しいので、倍速をうまく使って練習しましょう。

(※ ①, ②の解説動画は要視聴)

曲練習の流れ

  1. 演奏動画を見ながら一緒に弾いてみる
  2. わからない部分をチェックして練習
  3. 覚えてきたら録音して演奏を確認

私は『ギターを弾きましょう』さんの動画で練習することが多いです。

まずは通し演奏を見ながら、一緒に演奏してみます。

演奏すると「このコード知らない」「このコードチェンジが難しい」「このストロークができない」と、自分の課題が見つかります。

その課題を意識しながら解説動画を見て、あとはひたすら反復練習をします。

また、何度か演奏して時間に余裕があれば、U-フレットのコードを見て好きな曲を演奏しています。

上達するために気を付けていること

  • 録音や録画は必須レベル
  • 演奏と歌の練習は分ける
  • いろんな曲を弾いてみる
  • 過程を楽しむのが大切

録音や録画は必須レベル

上手くなりたいのであれば、録音は必須・・だと思います。

弾いているときは演奏に集中しているので分かりませんが、自分のイメージしている演奏と実際の演奏はかなり異なります。

自分の声を録音して聞くと、すごく違和感を感じるじゃないですか?演奏もそんな感じです。

演奏と歌の練習は分ける

私は、ギターの演奏と歌の練習を分けた方がいいと考えています。

弾き語りは歌と演奏という、2つのことを同時にしています

しかも、ギターを弾くときはコードとストロークを同時にしています。歌を歌うときは、音程, リズム, テクニックを意識する必要があります。

コードやストロークがスムーズにできない状態で、ギターの音やリズムにつられずに歌うというのは非常に難しく、練習もどっちつかずになってしまいます。

弾き語りを始めるのは、「歌詞を見ずに歌える」もしくは「コードチェンジやストロークが難なくできる」ようになってからが良いと思います。

歌と演奏どちらも自然にできる状態で、弾き語りでは合わせだけに集中できるのが理想です。

いろんな曲を弾いてみる

使っているコードが同じでも、コードの流れやストロークによって弾いた時の感覚が大きく異なります。

色んな曲を練習する中で、徐々に “スムーズな押さえ方” や “キレイに音が出る押さえ方” が身につくのだと思います。

私は他の曲を演奏しているうちに、今まで弾けなかったコードが弾けるようになった経験があります。

すこし強い言い方になってしまいますが、今まで練習を続けてきて弾けないのであれば、同じ練習を続けても弾けるようになる可能性は低いです。

同じ曲を弾くにしても、演奏をスローペースにしたり、どうしたら押さえやすくなるのか考えたり、何かしら工夫しなければ成長しません。

努力は結果を保証してくれません。正しい努力をして、はじめて結果を出せる可能性が生まれるのです。

過程を楽しむのが大切

努力だのなんだの言っておいて、楽しむのが大切ってなんやねん!!と言われそうなので、かんたんに説明しておきます。

成長しようと上ばかり見ていると、自分のヘタさに嫌気がさして弾く気が失せてしまいます。

楽しさを重視しすぎるとなかなか成長できず、同じことの繰り返しになって退屈し始めます。

将来の目標や目先の欲望に執着しすぎず、自分が成長する過程を楽しもうね!というお話でした。

世の中、バランスが大切ですよ。バランスがね。

スポンサーリンク

コードチェンジの練習について

あなたは、苦手なコードチェンジありますか?

私はあります。

ありすぎて、もはやコードチェンジしたくないレベル。

……え???

そんな話は置いといて、コードチェンジの練習についてです。

私は色んな曲を弾いてみて、苦手なコードチェンジが多く出てくる曲をメモしています。

2, 3日に1回でも弾いていれば、1ヶ月でかなり上達します。おすすめ

私の練習曲メモ(一部)

曲名練習コード
ウィーアー!Bm7, F#7
コールボーイA#dim, B
ドーナツホールFadd9
カラクリピエロBm7, A
恋愛裁判Fmaj7, Gm7, C7, Fadd9
God knows…F, F#m, Bm

コードは『U-フレット』をよく見ています。

ストロークは雰囲気でやっています。イメージが掴めないときは、YouTubeの演奏動画を参考にすることもあります。

早いコードチェンジ

曲名コード
夏祭りEm → D → Em → G
崖の上のポニョG → A♭dim → Am → Am/G → D → Dm7 → G
チチをもげ!E → D → E → D → E → D → E → G
メリッサA → Asus4 → A → Dm
G → Gsus4 → G → Cmaj7
シル・ヴ・プレシデントAm7 → D → G → Am7 → A#dim → Bm7 → C

私が見つけたコードチェンジの早い曲を載せておきます。

私は難しい曲に出会うと「無理www」と言いつつも、リズムを崩さず弾き切ってやろうと頑張ります。えらい!

途中で諦めて「お前はナマケモノか」ってくらい、ノロノロした演奏を始めるところまでがテンプレなんですけどね。

ポニョと出会ったときは、難しすぎてずっと笑っていました。

かわいらしい曲なのに、コードチェンジの速さが鬼なんですよ!!

青い海からやってきたって、「多くの演奏者が青い顔して弾いていた」っていう比喩表現ですよね?笑

まずは1年を目指して

ギター初心者の挫折率は、1年以内に90%とかなり高いらしいです。

(参考記事:musicradar『90% of beginner guitar players give up within a year, says Fender』

確かに私も途中で成長を感じられなくなったり、目標を見失ったりして、やめたくなるタイミングが2, 3回ありました。

「練習動画をアップする」「新しい練習を取り入れる」「他の演奏者から刺激を受ける」など、強制力や習慣をうまく使ってなんとか続けてこられました。

もし辞めてしまいそうになった時は、ギター仲間を見つけて一緒に世界の10%を目指しましょう!!

【追記】私が1年でどれくらい上達できたのか、比較の演奏動画を出す予定です。

歌の練習なら自宅カラオケ
タイトルとURLをコピーしました