芸術について考えていたら、孤独な画家おじさんになっていた。

  • 美しい景色
  • 嬉しかった瞬間
  • 愛する人の笑顔

ずっと見ていたい。ずっと続けばいいのに。

そんな思いも空しく、時間が経てば変わっていき、やがて失われる。

そこに確かにあったはずなのに、何百年、何千年と経てば、存在したことすら、誰の記憶にも残っていないだろう。

自分が愛したものを、そのままの形で残したい。

それができないのなら、せめて存在したと、そこにあったと伝えたい。

そんな思いから、私は筆をとった。

スポンサーリンク

芸術は苦悩が尽きない

自分の思いを、絵にできないのは苦痛だ。

何枚書いても納得できない。

自分が見たものを描きたいだけなのに、表現しきれない。

あの色を、あの光を、あの笑顔を、あの感動を、どうやって表現したらいいのだろう。

そんな探求心から、多くの技法が生まれた。

世間はそれらの技術を「素晴らしい!」と評価してくれたが、私はあまり嬉しくなかった。

技術ではなく、絵をみて欲しかったから。

「未完成の絵を褒められるよりは、ましかもしれない。」

そう思ってしまうのは、私がひねくれているからだろうか。

芸術の気づきと模索

あるとき、ふと考える。

べつに、石ころを丸く書く必要はない。

あの硬さや冷たさが、伝わればいいんだ。

そう気づいて、表現の自由さに感動しつつ、絶望してしまう。

自分は何が書きたいんだろう。

自分が伝えたかったのは、あの感動だったのか、あの景色だったのか。

感動を伝えようとすれば、元の景色からかけ離れていく。

景色を伝えようとすれば、あの感動を表現しきれない。

悩みと葛藤の末、書き上げた一枚。

満足できるわけがなかった。

私は、また筆をとった。

スポンサーリンク

芸術は時間との闘い

  • 美しい景色が変わっていく
  • 鮮明だった記憶が薄れていく
  • 人生が残り少なくなっていく

描きたいものを描けないまま、時間とともに、多くのものを失っていく。

皮肉にも、技術力は上がっていた。

今の自分がむかしに戻れたら、あの景色を思い通りに、描けるかもしれない。

そんな、叶わない夢を見てしまう。

死ぬまでに、納得のいく絵を描きたいものだ。

……。

終わらない芸術

最後の時を迎え、ひとり沢山の絵に囲まれて思う。

納得できる絵は描けなかったが、挑戦し続ける人生でよかった。

ただできることなら、この素敵な景色のひとつひとつを、誰かと一緒に見て過ごせばよかったと。

そんな今の思いを、絵にできないものかと考え、自嘲しながら目を閉じた。

芸術について語るつもりが

芸術について書こうと思ったら、画家の気持ちを考えすぎて、「孤独な画家おじさん」になっていた。

いつの時代の誰だよって感じだけど(笑)

芸術に携わる人が、本当はどう思っているのか知りません。

こんなことを、考えているんじゃないかなという、すべて私の妄想です。

そこだけは、お間違えの無いようお願いします。

芸術に携わる方がいたら、どんなことを考えるのか、ぜひ聞いてみたい。

まぁ結局さ、何が言いたいかっていうと、芸術って奥が深くて、大変そうだよねって話。

おしまい

タイトルとURLをコピーしました