働くことを考えると、気持ち悪くなってしまう時の心境を語る。

あなたは働こうと思って、気持ち悪くなった経験ありますか?

私は大学を卒業して、ひきこもりになりました。何度も働こうと思って、何度も気持ち悪くなりました

働いている人にその感覚を伝えても、甘えるな、逃げているだけ、もうちょっと頑張れよ、と言われるんです。

私は心を閉ざしました。

自分がおかしいんだ。この気持ちは、誰にも理解してもらえないし、誰にも伝わらないんだ。

そう思いながら、ひとりで泣いて過ごしました。

あの時の気持ちは、今でも思い出したくないので、誰にも言わずに過ごそうと思っていました。

ですが、ブログを始めてから、言葉では伝わりにくい気持ちも、文章なら伝わるのではないかと思ったのです。

働いている人にも、少しだけでいいから、働けない人の気持ちを理解して欲しい。

私と同じ心境にいるあなたに、あなただけじゃないんだよと伝えたい。

そんな思いで、この記事を書いています。

この記事は、私の経験を書いており、全ての人に当てはまるわけではありません。

それでも、こういう人もいるんだ、悩んでいる人はこんな気持ちなんだと、知ってもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク

働こうと考えて気持ち悪くなる

ひきこもっていた私は、この先の人生を考えて、こう思いました。

  • このままじゃダメだ
  • 親にこれ以上迷惑をかけたくない
  • 働かないと生きていけない

今のままではダメだと、頭では理解しています。将来のことも考えています。自分を変えたいと思っています。

でも、ダメなんです。

働くことを考えるだけで、身体が熱くなりはじめ、胸がぎゅーっと苦しくなるんです。

訳もなく、泣きたくなるんです。

やらなければいけないのに、どうして動けないんだろうと悩み、動けない自分が嫌いになります。

そして、自分を責めるような考えが、次々と浮かんできます。

  • 働きたくないと思うのは当たり前だろ
  • ただ嫌だから逃げてるだけなんだよ
  • 自分が特別だとでも思っているのか

ひきこもっているのですから、誰に言われたわけでもありません。

頭の中で、常に見えない誰かと闘っているんです。

ため息の起床で始まり、部屋でうずくって泣いて、泣き疲れては眠っての繰り返し。神経がすり減る毎日です。

「家の中にいるだけで楽だよね」と嫌味をいう人は、心の休まる時間がない、あの苦しみを味わって欲しい。

例えるなら、ストーカーに狙われて怖がっている人に、モテモテで羨ましいと言うくらい、無神経な言葉ですからね。

ゲームやアニメで、つらい気持ちをごまかすこともありました。気持ちを楽しさで満たして、生きる気力を保っていたんです。

それでも時々、ふっと我に返って、自分は何してんだろうと息苦しくなりました。

働かなきゃと焦る気持ちが増していく中、行動できない罪悪感と、自分に対する嫌悪感が積み重なっていく。

思い出して書いてるだけで、胃が気持ち悪くなってきました……。

頑張ってアクセルを踏んでいるのに、ずっと空回りして動けない感じです。

悩んで、泣いて、疲れて。

誰の記憶にも残らず、自分の存在がなかったことにならないかなと、考えることもありました。

心療内科には行けませんでした

私は心療内科などに、行ったことはありません。

自分なんかが行っても仕方がない、もし病気だったとして、それが何なんだと思っていました。何も変わらないだろって。

すべて、自分で解決すべき問題だと思っていました。

お金もないし、職もないし、人生真っ暗。

そんな中でも、できるだけ人には迷惑をかけたくないという、変なプライドだけは持っているんです。

自分から診断を受けたいだなんて、おこがましくて言い出す勇気もありません。

もし病気じゃなかったら、「言い訳をしていた」「元気なのに逃げていた」と、思われてしまうのではないか。

そんな、恐怖心もありました。

私は現在、自分でも元気になってきたなと思える程度には、心が回復しています。

そう思えるようになるまで、数年の時間が必要でした。その間、いろんな人に迷惑や心配をかけました。

心療内科を受診していれば、もっと早く、つらい状況から抜け出せていたのではないかと、今になって思います。

心境を話せるだけでも、自分の気持ちがスッキリしたでしょうし、診断を受けて周りが理解してくれることもあるでしょう。

私は結局、病気かどうかも分からずに、周りの人に心配をかけただけ。その罪悪感は、心が回復した今でも残っています。

あなたには、私と同じ思いをしてほしくないので、もし少しでも辛いなら、心療内科を受診するという選択肢も考えてみてほしいです。

スポンサーリンク

心療内科は選択肢のひとつ

心療内科に行ってほしいではなく、選択肢に入れてほしいというのは、当たりはずれや合う合わないがあるからです。

受診して良くなったという人もいれば、何も変わらないという人、行かなきゃよかったという人もいます。

もし今の私が、昔の自分にあったら、「心療内科に行ってみたら?」と言うだろうなと思ったので、選択肢のひとつとして挙げてみました。

心療内科は予約が必要だったり、数ヶ月待ちだったりで、受診したいと言っても、すぐに受けられないそうです。

利用者が多すぎて、新規を受け付けられない病院もあるそうなので、聞くだけ聞いてみてるのがいいかと思います。

行く行かないの選択じゃなく、受診できるかどうかすら分からない状況なので……。

あなたの周りにいるなら

もしあなたの身内に、私と似たような状況の方がいるのなら

「あなたが辛そうで、私が心配になってしまうから、1度受診してみない?」

と心療内科に行くつもりがないか、聞いてあげて欲しいです。

私のように、みんなに心配をかけたくない、自分で何とかしなきゃと考えている人が、多いと思うんです。

でも、心のどこかでは、誰かに助けて欲しいと思っています。

最初は「行かなくていい」と言うかもしれませんが、1度提案しておけば、行きたいときには言ってくれるはずです。

心境を語り終わって

記事を書いていると、当時の心境を思い出して辛くなったり、自分の情けなさに恥ずかしくなったりしました(笑)

それでも、私と同じように悩み苦しむあなたに、あなたはひとりじゃないと伝わっていれば、書いた意味があったなと思えます。

以上、私の体験と伝えたいことを、書かせてもらいました。

記事に書いた心境などは、あくまで私の場合ですので、すべての人に当てはまるわけではありません。

働くなんてアホくせぇと、遊んでいるだけの人もいます。

元気そうに見えても、みんなに心配をかけないように、無理して笑っている人もいます。

その人の感じている辛さは、私たちが外から見て、「簡単に判断できるものではない」ということだけ、覚えておいてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あなたは、ひとりじゃありませんよ!

この体験があってブログを始めました
心が救われる漫画です
なぜ働かないといけないのか
タイトルとURLをコピーしました