競技用ルービックキューブは使いやすい!ぬるぬる動いて楽しい。

うわwwwwww

思わず声が出たのは、久しぶりだった。

競技用のルービックキューブって、めちゃくちゃ滑らかに動くんですよ!

スルッスルですよ。スルッスル。

今まで触ってきたルービックキューブが、おもちゃみたいに感じます。おもちゃなんだけどさ。

感動しすぎた私は、取扱いに困ったのか、付いてきた袋にすぐしまいましたからね。

自分でも意味不明です(笑)

そんな謎の行動をとるくらい、すごかったんです。

あなたにも、ぜひ1度は、触ってもらいたいです。

スポンサーリンク

ルービックキューブを買った理由

なぜ、私がルービックキューブを購入したかというと、6面を1分以内に完成させてみたかったからです。

小さい頃、「ルービックキューブできるのすげー!」って、思いませんでしたか?私は思っていました。

親に安いルービックキューブを買ってもらって、一生懸命説明書を読みながら、なんとか揃えられるようになったんですよ。

ですが、おそいおそい。手順間違えるし、忘れたらてきとうに動かすし。

あれから私も成長しているはずですから、今なら早く出来るんじゃないかと考え、始めようと思ったわけです。

なぜ競技用を購入したのか

「ルービックキューブを揃えられるよ」と聞いた時、どれくらいの時間を思い浮かべますか?

もし、1時間以上かかって「出来ました」とか言われても、大変だったね……としか、思いませんよね(笑)

私は1分以内にできたら、一般的な「すごい!」という枠に入ると思うんです。

1分以内に揃えるには、どうしたらいいのか調べていくと、解き方と『競技用ルービックキューブ』にたどり着きました。

簡単に言えば、競技用のルービックキューブは、一般のものよりも動きがスムーズで、回しやすいんです。

小さい頃、ルービックキューブが途中で動かなくなって、イライラしながらガチャガチャしたのを思い出します(笑)

自分のモチベーション管理や、時間短縮できることを考えたら、やっぱり競技用が欲しくなりますよね。

レビューや評価を見比べて、少し高いですが『GAN356 air SM』を購入しました。

5千円パズルが、ボクの相棒です。

スポンサーリンク

久しぶりにやって掛かった時間

手順もあやふやで、覚えている動きを駆使して完成。

かかった時間『6分30秒』

だいぶ時間がかかりましたね。

スムーズに動く競技用でなければ、10分近くかかっていたかもしれません。

そろえる方法について

現在、最もポピュラーで早いと言わているのが、「CFOP法」というやり方。下から順に、1段目2段目3段目と揃えていく。

私のやり方(上・下・真ん中と揃える)は、「ツクダ式」と言うらしい。覚える手順が少なく、初心者向けなんだとか。

あと、ツクダ式について、“昔”の攻略本に載っていた方法と書いてあったのは、見なかったことにした。

ツクダ式を1日練習して、最速で『1分23秒』まで上達しましたが、平均では2分くらいかかります。

ツクダ式でも1分を切れるようですが、将来性も考えて、CFOP法を覚え始めることにしました。

ルービックキューブの効果と今後について

ルービックキューブは記憶力と指先を使うので、頭のいい運動になりますね。

私の感覚でしかありませんが、集中力が上がり、思考の切り替えも早くなりました。

天気や場所を選ばず、好きな時間にできて、中断も再開もできます。

ひとつあれば一生遊べるので、もしよかったら一緒に始めませんか?

私の目標タイム

CFOP法を覚えて、1分以内に6面揃える。

これが私の、現在の目標です。

どれくらい時間がかかるか分かりませんが、達成できたら記事を書くと思います。

7日目で達成しました

自分もルービックキューブやってるよ!という方や、これから始めるよという方は、ぜひ仲良くしてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

もしよかったら、フォローしてください!

Twitter:@indoorsoul

【追記】ルービックキューブを購入する場合

もし、ルービックキューブを購入するのであれば、磁石付きのものが良いでしょう。

違いがかなり感じられるはずです。

競技用は少し高かったですが、私自身かなり満足しています!

値段を気にしないのであれば、競技プレイヤーからの評価が、ダントツで良い『GAN356 XS』がオススメです。

参考になる動画をのせておくので、もしよかったら見てください。

参考になるレビュー動画

タイトルとURLをコピーしました