ルービックキューブで1分を切る方法!1週間で達成しました。

私のやりたいかもリストにも載せていた、「ルービックキューブを1分で揃える」という目標。

もう少し時間がかかると思っていたのですが、始めてから1週間で達成することができました。

平均は約1分13秒ですが、チラホラと1分切れるようになってきたので、私のやってきた方法を書きたいと思います。

まだまだ、伸びしろを感じているので、平均1分切りも夢ではありません!

スポンサーリンク

ルービックキューブを1分で揃えた道のり

最速タイム方法
初期6分30秒ツクダ式
1日目1分54秒ツクダ式
2日目1分41秒LBL
3日目3分29秒CFOP(F2L)
4日目1分40秒CFOP(F2L)
5日目1分49秒CFOP(F2L)
6日目45秒CFOP(F2L)
7日目54秒CFOP(F2L)

最速1分を切るのに、6日かかりました。

ツクダ式は「下段, 上段, 中段」と揃える方法。LBLは下から1段ずつ揃える方法で、それを発展させたのがCFOPです。

CFOP法のF2Lというパターンを暗記し始めてから、1分切ることが増えてきました。

私の覚えていた「ツクダ式」という方法は、タイムを縮めるのには向いていませんでした。

最初からCFOP法をやっていれば、もう少し早い段階で、1分切りを達成できたかもしれません。

あなたが挑戦する際は、CFOP法を覚えるようにしましょう。

初心者向けに、ルービックキューブの解き方の記事を作成しました。よかったら参考にしてください。

【Step1】ルービックキューブの購入

私は、競技向けルービックキューブを使っています。

回しやすさが全然違うので、これだけでタイムが縮まります。動かす練習も、楽しんでできます。

100均のルービックキューブなどで、1分を切るのはかなり難しいです。タイムを縮めたいなら、競技用の購入をおすすめします。

詳しくは、『競技用ルービックキューブは使いやすい!ぬるぬる動いて楽しい。』を参考にしてください。

スポンサーリンク

【Step2】LBL法を覚える

【マジで出来る!】超かんたん6面完成手順「第2段階目」【ルービックキューブ】

とても丁寧に解説されているので、この動画を見れば『LBL法』を、理解できると思います。

私の解説記事を使っていただいてもかまいません。動画と同じくらい丁寧に説明しています。

まずは、この手順を暗記するところから始めます。

覚えるまでの手順

動画や解説記事を参考にしながら、実際に触って覚えましょう。

ルービックキューブに慣れるためにも、まずは解説を見ながら、2~3回そろえてみてください。

その後は、できるだけ解説を見ずにやってみて、分からなくなったら見るようにします。

これを繰り返しやっていれば、解説を見なくても揃えられるようになります。

私は解説を見ず、2分を切れるようになってから、F2Lというパターンの暗記を始めました。

【Step3】F2Lのパターンを覚える

【マジで出来る!】6面完成手順「1分切れない方へ」【ルービックキューブ】

上記の動画では、F2Lの「2つのパターン」で1分を切っていますが、私にはできませんでした。

動かし方やF2Lのイメージがつかめるので、見ておいて損はないと思います。

私の動かし方が下手なだけなんですが、少し伸び悩んだので「F2Lのパターン暗記」を始めました。

F2Lのパターンを覚えはじめると、慣れるまで確実にタイムが落ちます。タイムは気にせず、続けていきましょう。

1分切るならF2Lだけでいい

【ルービックキューブ】F2L全パターンの手順「その2」
順序意味タイム目安
【C】Cross十字を作る10秒
【F】F2L下2段を揃える30秒
【O】OLL上面を揃える10秒
【P】PLL全揃え10秒

『F2L, OLL, PLL』は、それぞれパターンを暗記することで、タイムを縮めることができます。

F2Lのパターンを覚えて、スムーズに動かせれば、1分を切れます。OLLやPLLには、手を付けなくても大丈夫です。

手順や操作に迷ってしまうと、1分以上かかってしまいます。こればかりは、パターンを覚えて練習するしかありません。

【Step4】できない部分を繰り返す

私の場合、1分を切るのに、一番苦労したのはF2Lでした。

F2Lを暗記する際は、パーツがどう動いているのか、意識してみるのが大切です。

崩した状態からF2Lを作って、また崩してF2Lを作って、ひたすら練習しました。

そして6日目で、「人生初の1分切り」を達成することができました。

スムーズにできるパターンと、そうでないパターンがあるので、まだまだ練習が必要です。

平均1分を切れるまでは、F2Lを練習する予定です。

今後、平均1分を目指します。

現在は、得意なパターンやラッキーな配置であれば、1分を切れるようになってきました。

平均1分を切れるように、今後も練習を続けていきます。

【追記】1ヵ月練習を続けて、安定して1分を切れるようになりました。31日目で平均47.3秒(12回の上下カット)です。

PLLやOLLのパターン暗記はしていないので、かなり伸びしろはありそうですね。

これは余談なんですが、ルービックキューブをやっていて、最近思うことがあります。

それは、「揃えるのはらくだけど、バラバラにするのが面倒くさい。」です。

初心者の頃とは、真逆のことを思っています(笑)

ルービックキューブをしている人の、あるあるなんでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました