TOKAIホールディングス(3167)の株購入!株主優待でスマホ料金を安くしよう

TOKAIホールディングスの株を買ったので、紹介しようと思います。

この記事では、株の購入理由や価格予想を書いていますが、あくまで私の考えです。

投資は余剰資金かつ自己責任でしてください。

スポンサーリンク

TOKAIホールディングス

2021年に10周年を迎えた、静岡県に本社を置いている持株会社。

詳細を知りたい方は、公式サイト, 四季報, 開示情報, etc. を調べてください。

TOKAIホールディングスのチャート

参照:Yahoo!ファイナンス

株の購入時期と理由について

コロナが発生し始めた2019年末~2020年頭で大きく下落。2波の影響は小さく、【1000円台】まで回復したものの、2020年11月の第3波頃から下降トレンドに入った。

5月から下降が緩やかになり始めた点、9月の株主優待に向けた仕込みがありそうな点から、トレンド転換が起きると考えて6月の頭に【878円】で買いました。

電気, ガス, 宅配水, etc. のインフラを中心に展開しているため、かなり安定した会社だと思います。

コロナの影響で株価は下がっていますが、業績は上がっていますからね。ワクチンが普及した後は、元の価格帯【1000~1100円】に到達すると私は考えています。

評判の良し悪しはありますがTVCMを打っており、静岡県民の私からすると慣れ親しんだ名前というのも、株を購入した理由のひとつです。

長期保有するつもりですが、値動きによっては1200円を超えたあたりで売って、安値で買いなおすかもしれません。

購入価額よりも下がった場合は、値段が戻るまでホールドする予定です。余剰資金なら金額が戻るまで、何年でも待てますからね。

スポンサーリンク

株主優待について

【飲料水宅配サービス関連商品, 商品券, お食事券, TLCポイント, LIBMO割引】の中からひとつ、また【結婚式場割引券】と【お食事割引券】のふたつで、計3つの優待品がもらえます。

選べる優待の中でも、私が一番おすすめしたいのは【LIBMO割引】です。

TOKAIホールディングスは、格安スマホ『LIBMO』の提供を行っており、株主優待を使えばスマホ料金をかなり抑えられます。

スマホは現代の生活において、必需品といっても過言ではありません。

資産形成に必要な “節約”“投資” を同時にできるため、TOKAIホールディングスの株はかなり優良だと思います。

LIBMO割引以外にも水や商品券の選択肢あるので、LIBMOを使っていない方、LIBMOから他社へ乗り換えるという方でも、優待が腐らないのがいいですね。

格安スマホ『LIBMO』の金額(税込)

2021年7月時点

プランデータ通信のみデータ通信+音声通話+SMS
ライト*528円1078円
1GB748円1078円
5GB1265円1518円
20GB1991円1991円
30GB2728円2728円

*無制限(最大200kbps)

株主優待『LIBMO割引』の金額

2021年7月時点

100~299株300~4999株5000株 以上
350円/月850円/月1880円/月

有効期間は6ヶ月。権利確定月は3月末日と9月末日なので、ずっと保有していれば1年中この割引が適用されます。

今のところ株主配当は年30円/株なので、100株持っていれば年3000円(月250円)、300株で年9000円(月750円)です。

持ち株数と選択プランによりますが、割引と合わせれば、スマホ代をすべて賄える計算になります。

銀行に入れっぱなしのお金があるなら、スマホ代を浮かせる株にしておいたほうが、お得感はありますよね。

倒産や株価下落のリスクもあるので、どちらがいいと一概には言えませんが……。

格安スマホに乗り換えるなら

格安スマホに乗り換えようと考えている方は、LIBMO(docomo回線による高速LTE通信)と契約しつつ、TOKAIホールディングスの株を買ってみてはいかがでしょうか?

また、LIBMOの契約はハピタス経由ですると、現金化可能なポイントがもらえます。よかったら、これを機に節約も始めてください。

節約で浮いたお金を投資に、投資で稼いだ分をさらに投資へ。お金はいくらあっても困らないので、うまく回して増やすようにしましょう!!

以上、実は『2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)』の資格を持っているアウルでした。

追記)元従業員による不正行為で売りました

2014年2月頃に元従業員2人が5億円以上の着服をしていたと、2021年10月08日にニュースになりました。

週明けの10月13日に株価が下がると思い、私は休み中に【889円】で売り注文を出しておきました。執行されたはいいものの、ほとんど影響がなく下がりませんでした。

  • 2014年とかなり前なので気にしていない
  • 現在の価額よりも高値で購入している
  • 日経が反転して上がっているタイミング

といった点から、売る必要がないと判断している人が多いのかもしれません。

私も起こるのは一時的な下げだと思っており、安値で買いなおすつもりでしたからね。

優待確定後で今すぐ欲しいわけではありませんし、日経下げで直近安値を更新する可能性があると思っているので、とりあえず様子見します。

お互い株価の暴落には気を付けましょう。

節約して投資資金を貯めよう!
株主優待が仮想通貨
タイトルとURLをコピーしました