やりたいかもリストの作り方と使い方!義務感からの脱出

やりたいことじゃなくて、やりたい “かも” です。

私は今まで、やりたいことリストを何度も作ってきましたが、いつも続かずに辞めていました

「やりたいこと」という言葉に、義務や責任を感じて、プレッシャーになっていたのでしょう。

やりたいことを候補に挙げたはずなのに、全然やる気が起きないし、これっぽちも楽しそうに思えなかったんです。

もっと気楽に始められないか考えた結果、「やりたい “かも” リスト」という名前になりました(笑)

真面目な人や完璧主義の人は、名前が変わるだけでも、気分が楽になると思うので、ぜひやってみてください。

スポンサーリンク

やりたいかもを書く理由

私はずっと、やりたいことリストを作れなかった人です。

「やりたいこと」を見つけようとすると、無意識のうちに、次のようなことを考えてしまうのです。

  • バンジージャンプは怖そうだからやめとこ
  • 登山は準備が面倒くさそうだしな
  • スカイダイビングは危険すぎるよな

やりたいよりも先に、未知への恐怖心やコスパの悪さを感じて、ものすごく面倒臭くなります。

そして、「もっと他にやりたいことはないだろうか」と悩んで、結局リストを作らずに終わってしまうんです。

それを改善するための、やりたいかもリストなのです。

やりたいかもリストの作り方

やりたいかもリストの作り方は、とても簡単です。

自分が少しでも「やりたいかもしれない」と思ったことを、箇条書きしていくだけです。

Word, Excel, メモソフト, メールの下書き, ブログ, etc. といった、文章を編集しやすいものに書くのがオススメです。

やりたい “かも” なので、本当にやりたいかどうかは考えません。

例えば、バンジージャンプは興味あるけど、怖そうだしやりたいとまでは思わないよなぁ……くらいでも書きます。

やりたいかもで共通点探し

やりたいかもしれないことをメモしておくと、他の候補との共通点を探すことができます。

「バンジージャンプ, 登山, スカイダイビング」

もしかして、自分は高い場所から、景色を見たいんじゃないか?でも、危険が伴うのは嫌なのかもしれない。

そうだ!東京タワーに行ってみたいかも!

……といった感じ。

もし「やりたいこと」にこだわっていたら、共通点や嫌なことを知らないまま、白紙のページを眺めていたでしょう。

新しい視点から、自分の興味や関心を知ることができる。これが、やりたい “かも” の長所です。

候補はどんどん書いていきましょう。

スポンサーリンク

やりたいかもリストの使い方

一覧表ができたら、その項目をどうしたら達成できるか、何が必要になるのか、考えて書いていきます。

  • 時間がどれくらい必要か
  • 費用はいくらかかるのか
  • もしやるならいつ頃か

そして、代替案や改善案も考えておきます。

例)温泉旅行に行きたい
  • 時間:電車で1時間
    → レンタカー, ヒッチハイク, 友人に借りる, 親戚の送迎
  • 費用:約5000円
    → クーポン券, ポイントサイト, 優待券, 知人の社員割引
  • いつ:今年の冬頃
    → 紅葉を楽しめるので秋でも可

「お金がない」「時間がない」といった、フワッとした理由で諦めるのは、もう終わりにしましょう。

「何円足りないのか」「何時間足りないのか」考えてください。他に解決方法がないか、知恵を絞りだしてください。

できないと自分が決めつけているだけで、案外できることって多いものです。

組み合わせてヤル気がアップ

何かを始めるって、なかなか難しいですよね。

例えば、登山をしたいと思っても、準備が大変そうで、なかなかヤル気が出ないと思います。

そんな時は、やりたいかもリストの他の項目と、組み合わせてみるんです。

「登山」してから「温泉」に行く。

ついでに、美味しい「スイーツ」を堪能する。

1つでダメなら2つ、2つでダメなら3つと、楽しみを増やしていけば、ドンドンやりたくなってきます!

やりたいかもを組み合わせて、やりたいことにしてしまえばいいのです。

やりたいかどうかは後で決める

リストに書いた内容が、やりたいことかどうかは、計画を立てた後でも、実際にやってみた後でも判断できます。

一番もったいないのは、何もせずに判断してしまうことです。

あなたは「思ったより〇〇だった」という言葉を、よく耳にしませんか?

人は無意識のうちに、行動する前から「これくらいだろうな」と、自分の経験を元に考えているんです。

自分のやりたいことかどうかも、自分の経験を元に「これくらいの面白さだろうから」と、頭で勝手に判断しています。

自分の経験を元に判断すれば、大きな失敗はありません。ですが、今までの経験を上回るような、大きな感動もありません。

頭は安全を求めるもの、心は冒険を求めるもの。

頭で考えた安全な道を、心を殺して歩んでいくのが、幸せなのでしょうか?

それよりも、心の求める冒険を、頭でサポートした方が、楽しい人生を過ごせそうじゃありませんか?

「お金がない, 時間がない, つまらなそう, etc.」やらない理由を探すよりも、実現するための方法を探しましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

他人のリストも参考にしましょう
やりたいことは靴下なんだよ
タイトルとURLをコピーしました