やりたいことが見つからない。そう、靴下のように。

私は小さい頃から、将来の夢や目標がありませんでした。

「やりたいこと見つからないなぁ」と思うたびに、夢に向かって頑張っている人を、羨ましく思っていました。

でもあるとき、思ったんです。

自分はやりたいことを、ちゃんと探していたのかなって。

スポンサーリンク

やりたいことが見つからない

やりたいことが見つからない?

見つからないとか、靴下みたいだね!

ということで、あなたのやりたいことを、「靴下」に例えて考えてみようと思う。

探しているようで探していない

自分の靴下が見つからないときって、ちゃんと探してるようで、探していない場所が多いですよね?

ちらっと見ただけで、ここには無いなって思いこむ。

障害物を一度どかして、自分の目でしっかり確認しないと、靴下ってのは見つからない。

あなたのやりたいことも、大変さや面倒くささといった、障害物の先に隠れているのかもしれない。

スポンサーリンク

見つからないなら出かける

やりたいことが見つからなくて、何もする気が起きないって、思うことありますよね。

でも、それって「靴下が見つからないから、お外に出かけたくない!」って言ってるのと同じです。

新しい靴下を、探しに行くんだから裸足でもいいでしょ!って話。

  • 「家の中」=あなたが既に体験したこと
  • 「外出先」=あなたが未体験のこと

家の中で見つからないなら、もう新しい靴下を探すしかないんだよ!

いろんな場所を見て回れば、お気に入りの一足が、思わぬところで見つかるかもしれない。

人を羨ましがる必要はない

やりたいことを頑張ってる人見るとさ、キラキラして見えるし、すごくカッコイイなって思うよね。

でも、羨ましく思う必要はない。

あなたは、他人の靴下をはきたいの?

え?靴下がキラキラして見える?

それ、きっと汗だよ……。

他人の靴下を指くわえて見てるって、想像するだけで嫌じゃないですか?(笑)

変な趣味に目覚めるくらいなら、頑張って自分にぴったりの靴下を、探した方がいいでしょって思う。

見つからなくても焦らない

やりたいことも靴下も、探していればそのうち見つかるし、ふとしたタイミングで出てくるかもしれない。

だから、焦らなくていいよ。

やりたいことを見つけたら、私もあんな風に輝けるんだって、楽しみにしていたらいい。

一ヵ所ずつ、地道に探してみよう。

意外と足元に、落ちてたりするかもしれない。

天然な人なら、すでに履いてたりね(笑)

おしまい

やりたい “かも” で見つけよう
自分を知ることも大切です
タイトルとURLをコピーしました