記憶の宮殿(メモリーパレス)の作り方や使い方!コツも解説

私は小学生のころ、テレビで見た記憶術に興味を持ち、記憶の本を読み始めました。

そこで知ったのが、「記憶の宮殿」という言葉です。

当時の私には難しく、結局どうやって覚えたらいいのか分からなくて、挫折してしまいました。

それから10年以上経ち、再び記憶術に興味を持ったのが、ほんの数か月前です。

いやー、もっと早く知りたかったというか、早くに興味を持ちすぎたというか……。

学生の頃に身に着けていたら、人生が変わっていたレベルだと思います。

だからこそ、色んな人に「記憶の宮殿」を知ってもらいたいと思い、この記事を書いています。

小学生時代の私にも理解できるような、やさしい記事にしようと思って書きましたが、さすがに難しいですかね?笑

とりあえず、分かりやすく解説したつもりです。分からない部分は、あなたの親御さんが教えてくれます!(丸投げ

ちゃんと読み進めていけば、記憶の宮殿を体験できるように書いています。よかったら、挑戦してみてください。

マインクラフトで場所法を説明してみた』という記事も作ったので、併せて読んでいただくと理解が深まると思います。

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

記憶の宮殿(メモリーパレス)とは

記憶の宮殿, メモリーパレス, マインドパレス, 場所法, ジャーニー法, LOCIメソッド, etc.

色んな呼ばれ方をしていますが、全て同じ方法を指しています。

私は普段「場所法」と呼んでいますが、今回は「記憶の宮殿」に統一します。

記憶の宮殿は、たくさんの情報を記憶するテクニックのひとつです。

応用すれば、円周率を何百桁も覚えたり、混ぜたトランプの順番を丸暗記できたりします。

天才にしかできないと思っていた芸当を、できるようになるのが「記憶の宮殿」という方法です。

多くの情報を記憶するテクニック

タコ, マネキン, 桃, ドライヤー, 犬, お相撲さん, 白菜

この単語と順番を、あなたは暗記できますか?

暗記できるもんね!という方も、ちょっと面倒くさいなぁと思った方も、記憶の宮殿を使うと、今よりも簡単に覚えられます!

ごちゃごちゃ解説するよりも、体験してもらった方が早いので、5分だけお時間をください。

この5分間で、あなたに「記憶の宮殿」を体験してもらおうと思います。

記憶の宮殿の作り方【体験】

それではさっそく、記憶の宮殿(メモリーパレス)を作ってみましょう。

次の内容を、頭の中でイメージしてみてください。見えない風景を想像したり、妄想したりするのと同じ要領です。

  • 家の外

    外から帰ってきたあなたは、今、自宅の前にいます。

  • 扉を開けて、家の中に入りましょう。

  • 玄関

    玄関で靴を脱いで、手を洗いに行きます。

  • 洗面所

    手を洗った後、飲み物を取りに冷蔵庫へ。

  • 冷蔵庫

    飲み物を手にして、部屋に行きます。

  • 部屋

    部屋でのんびりしたあと、お風呂に行きます。

  • お風呂

    シャワーを浴びて、ベッドに向かいます。

  • ベッド

    布団をかけて就寝。

ちゃんと、イメージできましたか?

一度目を閉じて、家の外からベッドに行くまでの、順路をイメージしてみてください。

扉を開けて、玄関を通って、洗面所に行って……

扉からベッドまで、順番通りに移動できましたか?

答え合わせをしてみましょう。

【 扉→玄関→洗面台→冷蔵庫→部屋→お風呂→ベッド 】

この順番で、移動できていたらオッケーです。

これで、記憶の宮殿(メモリーパレス)の完成です!!

「え?順路を覚えただけじゃん」「どこが完成なんだよ!」と思うかもしれませんが、これがめちゃくちゃスゴイんです。

では実際に、記憶の宮殿を使って、そのすごさを実感してみましょう。

スポンサーリンク

記憶の宮殿の使い方【実践】

タコ, マネキン, 桃, ドライヤー, 犬, お相撲さん, 白菜

記憶の宮殿を使って、上記の順番を覚えます。

細かいことを言うと、体験してもらうのは「記憶の宮殿」と「ストーリー法」を合わせたものです。

ストーリー法に関しては、暗記後の解説に書いているので、今は気にしないでください。

最後にもう一度だけ、順路をイメージしておきましょう。

【 扉→玄関→洗面台→冷蔵庫→部屋→お風呂→ベッド 】

大丈夫でしょうか?

それでは、暗記をスタートします。

記憶の宮殿を歩く

ひとつひとつ、頭の中でイメージしていってください。

あなたが家の前につくと、扉に「タコ」がくっついています。下に落ちないのは、強い吸盤があるからでしょう。

タコを無視して、家の中に入ると、玄関に「マネキン」が立っています。ちょっとしたホラーですね。

マネキンをよけて手を洗いに行くと、洗面台に大きな「桃」が置いてあります。なぜ洗面台に桃が……と思いながら冷蔵庫へ。

冷蔵庫を開けると、中には「ドライヤー」が入っていました。触ってみると、キンキンに冷えてます(笑)

冷蔵庫を閉じて、部屋へ行くと、部屋の中で「犬」がワンワン吠えて走り回っています。

犬が吠えまわって落ち着かないので、あなたはお風呂に向かいます……。

ですが、お風呂には「お相撲さん」がいました。お邪魔しましたと言って、あなたはベッドに向かいます。

ベッドに到着したあなたは、「白菜」を枕にして、眠りにつくのでした。

これでおしまいです。

メチャクチャな展開ですが、ちゃんとイメージできていれば、面白いくらいに順番を覚えているはずです。

玄関からベッドまで順路を辿って、何がいたのか、何が置いてあったのか、思い出してみてください。

ちゃんと思い出せますか?

それでは、答え合わせをしてみましょう。

記憶の答え合わせ

順路モノ
タコ
玄関マネキン
洗面所
冷蔵庫ドライヤー
部屋
お風呂お相撲さん
ベッド白菜

どうでしたか?

全問正解できた方もいるでしょう。間違えたとしても、「あぁそうだったわ」って感じですよね。

こんなに簡単に、モノや順番を覚えられるんだと、驚きませんか?

今、あなたが体験したのは7つでしたが、場所を増やしたり、他のテクニックも併用したりすると、さらに多くの暗記ができます

ここから先は、記憶するときのコツ、記憶の宮殿を作るときの注意点、トレーニング方法などについて書いていきます。

ストーリー法に関しても、こちらで追加の説明をしています。

「記憶の宮殿すごっ!」「面白いからもっと知りたい!」と思った方だけ、続きを読んでもらえればと思います。

勉強と同じで、つまらないなと思った状態でやり始めても、頭に入りませんからね。楽しむのが一番大切です。

他にも楽しいインドア趣味を紹介しているので、よかったら見ていってください。

~ 続きは記事紹介の下にあります ~

音ゲーとかどうですか?
性格診断にハマってました
解けずに放置していませんか?

記憶の宮殿のコツや注意点

「記憶の宮殿」に興味をもって下さったあなたには、私の持っている知識をすべて伝授します

記憶の宮殿で作った、「扉→玄関→洗面所→ …… 」をルート、「扉」「玄関」「洗面所」などをプレイスといいます。

ここから先は、ルート(順路)とプレイス(暗記するモノを置く場所)という言葉を、頭に入れて読み進めてください。

  • 間違えないルートにする
  • 似ているプレイスは避ける
  • 印象に残るイメージを作る
  • 別のモノを暗記したい場合

間違えないルートにする

自分の部屋, 自宅, 通学路, 公園, 学校の校舎, etc. 思い出せる場所なら、どこを「記憶の宮殿」にしてもオッケーです。

ですが、ルートの作り方には注意しましょう。

同じ道を何度も通ったり、あっちこっち飛び回ったりすると、順番を間違えやすくなってしまいます。

私が記憶の宮殿を作るときは、順番を間違えないように、右壁に手を当てて移動する形で、ルートを選ぶようにしています。

そして、そのルート上にあるモノを、プレイスとして覚えていくのです。

ルートの順番(選んだプレイス)は、必ずメモをして残しておきましょう。

似ているプレイスは避ける

体験のときに作ってもらったプレイスは、誰もが覚えやすいであろう、大きな空間やモノを選びました。

プレイスを多く作りたいときは、「テーブル, 観葉植物, 時計, パソコン, 本棚, etc. 」と、あなたの身の回りのモノを使います。

毎日、置き場所が変わるモノをプレイスにすると、順番が分からなくなります。ある程度、置き場所が決まっているモノを選びましょう。

また、「家の扉, トイレの扉, お風呂の扉, 部屋の扉, etc. 」といった似ているものは、思い出すときに間違えやすくなります。

使うのはひとつだけにして、似ているものはプレイスに選ばないようにしましょう。

印象に残るイメージを作る

例えば、お相撲さんをプレイスに置く場合。

「テーブルの上にお相撲さん」「パソコンの画面にお相撲さん」「観葉植物の横にお相撲さん」と、覚えますよね?

ですが、覚える量が増えてくると、単調なイメージでは思い出せなくなります。

そこで使うのが、ストーリー法(物語のような展開にする)です。悪しからず、先ほどの体験にも少し含まれていました。

「お相撲さんがテーブルの上で四股を踏む」「お相撲さんが張り手でパソコンを壊す」「お相撲さんが観葉植物に体当たり」

どうでしょうか?さっきよりも面白くて、覚えやすいですよね。

こんな風に、非現実的で印象に残るイメージを作って、どんどん覚えていきましょう。

別のモノを暗記したい場合

同じルートを使って、別のモノを暗記しようとすると、その前に記憶したものと混ざってしまう場合があります。

繰り返し同じルートを使うには、少し時間を空ける必要があります。

ルート(家の中, 公園, 学校, etc. )を複数作っておくと、時間を空けることなく、別のルートで新しく暗記を始められます。

ずっと覚えていたい内容がある場合は、専用のルートを作っておきましょう。普通の暗記と同じく、復習は欠かせません

復習の仕方はとても簡単で、ルートと置いたモノを思い出すだけです。いつでもどこでも復習できるのが、最大の魅力ですね。

オススメのトレーニング方法

「記憶の宮殿」を使いこなすには、すぐにルートを思い出したり、覚えやすいイメージを作ったりする必要があります。

そのトレーニングとして、オススメなのが「トランプ記憶」です。

52枚のトランプをシャッフルし、その並び順を覚えるという競技です。

ひとつのプレイスに、複数のイメージを置くテクニックを学べたり、人から驚かれる特技として自慢できたりします。

すこしでも「やってみたい!」と思った方は、今すぐトランプを用意して、下の記事を読んでみてください。

また、私が52枚のトランプを、1分で覚えられるようになるまでの、練習内容や成長記録も記事にしています。

そちらも、良かったら参考にしてください。

記憶の宮殿を使いこなして、よりよい生活を目指しましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

マイクラで説明してみた
トランプ記憶を始めよう
記憶の記録
タイトルとURLをコピーしました