トランプ記憶にハマっている私が、もし「サンタクロース」になったら……。

あなたは子供の頃、サンタさんに何をお願いしていましたか?

私は「最新のゲーム機をください!」と願っていました。

1度も願いは通じませんでしたけどね。

トランプ記憶にハマっている私が今、子供の頃にもどったら、迷わずトランプが欲しいと願うでしょう。

お金がかからなくて、いい子だわぁ(涙

じゃあもし私が、サンタになったらどうするのかというお話。

スポンサーリンク

トランプ記憶にハマったサンタ

子供たちが寝静まった頃。

シャンシャンシャンと鈴音をリズミカルに響かせながら、きれいな星空を飛んでいくソリ。

そう、今日はクリスマスです。

サンタクロースの行き先は、今年いい子にしていた子供たちの家。

いつもと違うのは、サンタさんがトランプ記憶にハマっているということ。

子供たちの家に着くと、気づかれないように注意しながら、そっと枕元にトランプを置いていきます。

そう!トランプです!

トランプ記憶は楽しいし、勉強にも活かせるんです!

みんながやってくれることを願います。

次の家、次の家、次の家……。

「数が多くて大変だなぁ」

そんなことを思いながら、頭を抱えつつ、必死に家をまわるサンタ。

朝が来る前に、なんとか配り終わったサンタは座って一息。

そっと目を閉じて、子供たちの顔を思い浮かべるのでした……。

目を覚ました子供たち

子供たちは目を覚ますと、とてもビックリ!

だって枕元には、サンタの置いていったトランプがあるんです!

  • 信じられないという顔で驚く子供
  • 思わず親に抱き着く子供
  • 期待外れだったのか落ち込む子供

色んな反応をする子供がいました。

でも、喜んでいる子供はひとりもいませんでした。

なぜなら……

枕元にあったのは、「1枚のトランプ」なのですから。

スポンサーリンク

一方そのころ

子供たちとは対照的に、とても楽しそうなサンタがいました。

「1件目は短髪の子だな。ハニワだから、ハートの2!」

「2件目はオシャレな家の子……そうだ、スイカだ!スペードの1!」

「3件目は……」

……。

うーん。思っていたより、タイム遅かったなぁ。

来年は2枚ずつ置いて、まわる場所を減らすか。

~おしまい~

私がサンタクロースになったら、記憶術を身に着けていない子供でも、一生忘れられないクリスマスになります(笑)

プレイスに困らないであろうサンタに、憧れるぅううううううう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

非情なサンタのアカウントはこちら

Twitter:@indoorsoul

タイトルとURLをコピーしました