MemoryLeagueがプレイできない『問題の原因と解決方法』

最近、Memory Leagueの「Images, Names, International Names」が、急にプレイできなくなりました。

心配性の私は、BANされるようなことをしたのか……?と悩みましたが、そうではありませんでした。

私と同じ状況の方がいるかもしれないので、プレイできない原因と、解決方法を残しておきます。

スポンサーリンク

Memory Leagueができない原因

Memory Leagueの『Start』ボタンを押すと、グルグルと回転マークが出続けて、次の画面へ進めませんでした。

プレイできなかったのは、「Images」「Names」「International Names」の3つです。

この3種目は、画像の表示形式が異なるようで、画像URLがウイルス対策ソフトに引っかかっていました。

画像URLの何が問題なのか

これらの画像表示に用いられている『firebasestorage googleapis』は、いろんなサイトで利用されています。

ですが、良いサイトだけでなく、偽サイトの画像表示に利用する人もいるため、巻き込まれる形でブロックされてしまったようです。

Memory Leagueに問題があるわけでも、あなたがBANされたわけでもないので、安心してください。

スポンサーリンク

ブロックを解決する方法

Memory Leagueをプレイする際に、毎回ウイルス対策ソフトをオフにするのもひとつの手ですが、非常に面倒です。

そこで、私は画像URLをブロックから外す設定をしました。

ウイルス対策ソフトによって、名称は異なりますが「Web保護 > 信頼できるサイト」を開きます。

信頼できるサイト(除外リスト)に、下のMemory Leagueの画像URLを入力します。

https://firebasestorage.googleapis.com/v0/b/memory-league.appspot.com/

設定を保存して再起動したら、私は問題なくプレイできるようになりました。

上記は、現在使われているURLであり、今後変更される可能性もあります。ご了承ください。

以上、少しでも参考になればうれしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました