トランプの選び方と購入後の注意点【スピードカード】

トランプ記憶(Speed Cards)を始めるには、トランプが必要になります。

最低でも1組、スムーズに練習するなら2組は欲しいです。

どんなトランプを選べばいいのか、保管はどうすればいいのか、初心者に知っておいて欲しい情報を紹介します。

トランプを覚える前に、注意点を覚えていってね!笑

スポンサーリンク

トランプの選び方【Speed Cards】

トランプ記憶(Speed Cards)では、記憶用と回答用で、2組のトランプがあると便利です。

全く同じトランプを使用していると、落として混ざってしまったときなど、デッキを分けるのが大変です。

セットを購入するなら色違い。1組購入するなら、現在持っているトランプと、違う色やデザインを選ぶようにしましょう。

トランプのサイズについて

トランプは主に『ポーカーサイズ(約88×約63mm)』と、『ブリッジサイズ(89mm×約58mm)』があります。

ブリッジサイズは横幅が小さいので、持ちやすくスライドしやすいです。たった5mmですが、かなり差を感じます。

とくに手が小さめの方は、ブリッジサイズがいいでしょう。

私は昔から、ポーカーサイズのトランプで遊んでいたので、使い慣れているポーカーサイズを選びました。

好みの問題もあると思うので、1種類ずつ購入して、比較してみるのも良いかもしれません。

プラスチック製 or 紙製

プラスチック製は、耐久性に優れていますが、カード同士がくっつきやすいです。

トランプ記憶は、1枚でも順番を飛ばすと、並びがずれて失敗します。

タイムや成功率に関わってくるので、くっつきにくい「紙製」のトランプがおすすめです。

こだわりがないのであれば、安くて高品質と噂になっている、ダイソーの紙製トランプ『CIRCUS』が良いでしょう。

おすすめトランプは『BYCICLE』

迷ったら『BYCICLE(バイスクル)』を買っておけば、間違いありません。ちなみに、私も使っています。

プロのマジシャンが、テレビや動画でよく使っているため、誰もが一度は目にしたことがあるでしょう。

手先が器用でカッコいいマジシャンと、同じトランプを持っているというだけで、何となくテンションが上がります

マジシャン御用達の紙製トランプ
幅が狭くて持ちやすいブリッジサイズ

トランプ購入後の注意点

  • ケースのビニール部分は残しておく
  • 手を洗ってよく拭いてから使う
  • 使い終わったら必ずケースにしまう

ケースのビニール部分は残しておく

購入したばかりのトランプは、箱が透明なビニールで包装されています。

ビニールは、トランプを取り出す上部だけ外し、下部分はそのまま残しておきましょう。

わずかな差ではありますが、空気に触れる面積が減り、トランプや箱が湿気を含みにくくなります。

トランプは消耗品だと割り切って、変形や劣化を気にしないのであれば、外してしまっても構いません。

手を洗ってよく拭いてから使う

トランプを長持ちさせたいのであれば、ちゃんと手を洗ってから使いましょう。濡れた手で触るのもNGです。

ポテトチップスを食べた後の、油っぽい手で触るのは論外です。

「汚れてないから大丈夫」と思ってしまいますが、普通に生活しているだけでも、手には汗や皮脂がついています

ちゃんと手を洗い、できるだけ清潔な状態で、トランプを使いましょう。

使い終わったら必ずケースにしまう

トランプを出したまま放置していると、湿気を含んで膨らんだり、日焼けしたり、反って使いづらくなったりします。

私は以前、トランプを出したままにしてしまい、膨らんでケースに入らなくなった経験があります。

もし、トランプの反りが気になる場合は、『カードガード』を使うと、癖を抑えられて長持ちします。

トランプの反りを解消
スポンサーリンク

トランプ記憶を始めよう

ジョーカーを除く、シャッフルした52枚のトランプの順番を、正確に暗記するのが『トランプ記憶』です。

私は現在「1分」で、52枚の順番をすべて覚えられます。

記憶するためのテクニックや、私のしてきた練習方法など、当ブログではすべて “無料公開” しています。

トランプ記憶はすごく面白いので、ぜひ記事を読んで、手を洗ってから挑戦してみてください(笑)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

まとめページはこちら
まずは記憶の宮殿を体験しよう
私の体験談はこちら(1ヶ月目)
タイトルとURLをコピーしました