記憶力を上げるトレーニングゲーム!メモリーリーグの登録方法【無料】

  • 自分の記憶力を鍛えたい
  • 暗記のトレーニングをしたい
  • メモリースポーツに興味がある

そんな、あなたにオススメしたいのが、メモリーリーグ(Memory League)です。

メモリースポーツの競技者も利用しており、記憶力を鍛えるにはピッタリ!! ゲーム感覚で練習できて、すごく楽しいです。

記憶のコツや暗記テクニックは、知っているだけでは意味がありません。

メモリーリーグを使って、知識を使えるものにしていきましょう。

この記事では、メモリーリーグの登録方法や使い方を、画像付きで分かりやすく解説しています。

スポンサーリンク

メモリーリーグの登録方法

  • 公式サイト
  • 登録画面
    ログイン/登録画面を開く
  • Email入力
    メールアドレスを入力
  • リンクへ
    届いたメールのリンクをクリック
  • 名前決め
    アカウント名を決める
  • 登録完了
    登録完了!!
  • ログイン
    ログインはメール経由

    登録時と同様、公式サイトでメールアドレスを入力してください。

    届いたメールのリンクを開くと、次の文章ページが表示されます。

    You are now signed in to Memory League.

    Please close this tab and return to your previous tab.

    指示通り文章ページを閉じて、公式サイトへ戻れば、ログイン完了です。

Memory Leagueでトレーニング

Memory League(メモリーリーグ)には、一人で練習する「Solo Training」と、対人戦の「Compete Head to Head」があります。

練習と対人戦を合わせて、1日3回まで無料です。もっとプレイしたい方は、3ヶ月 or 12ヶ月の無制限権を購入してください。

初めて記憶に挑戦する方は、「Images」「Names」「Words」あたりから始めるといいでしょう。

「Cards」と「Number」は、変換術や記憶術を学ばないと、少し難しいと思います。

私のMemory League 攻略法をまとめました。どうやって暗記したらいいか分からない方は、下記事を参考にしてください。

ひとりで遊ぶ(Solo Training)

Cardsトランプを覚える ※1
Images画像を覚える
International Names名前(カタカナ)を覚える ※2
Names名前(漢字/ひらがな)を覚える ※2
Numbers数字を覚える
Words単語を覚える ※2
  • ※1 Preference で、表示枚数やめくる向きなどを変更できます。
  • ※2 Preference を開き、LangueageをJapaneseにしましょう。

ゲーム画面(暗記&回答)

Memory Leagueの「Solo Training」がどんな感じなのか、各モードの暗記画面と回答画面をのせておきます。

最初はレベル1で、暗記する量が少ないです。暗記に成功してレベルが上がる(最大レベル10)と、量が増えて難しくなっていきます。

プレイ画面『暗記 & 回答』
previous arrow
next arrow
Slider
スポンサーリンク

記憶力を鍛えて対戦しよう!

メモリーリーグでは、他プレイヤーとの対戦が可能です。Compete画面を開いて、やりたい競技を選んで戦いましょう。

Leaderboardの順位を上げるには、他プレイヤーと対戦して、レートを上げる必要があります。(Soloだと上限があるため)

対戦相手とチャットもできます。英語で話している人が多いので、英語の勉強にもなるでしょう。

ただ無理に対戦する必要はありませんし、Solo Treainingで全項目レベル10(レート6000)にすれば、世界ランク150位前後です。

世界ランクって響きがカッコいい……。

もしかしたら、あなたと対戦する機会があるかもしれません。その際は、よろしくお願いします!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

All Level10 達成しました!!
トランプ記憶でCardsを攻略
プレイできないときはチェック

タイトルとURLをコピーしました