【初心者】ルービックキューブ3×3「6面揃える方法をわかりやすく解説!」

【Step7】6面の完成

3ヵ所の真ん中に注目

間違っている3ヵ所の、真ん中のパーツに注目してください。

違う言い方をするなら、揃っている面を奥側にして持ったとき、手前にきているパーツのことです。

真ん中のパーツを、「右側に動かしたいのか」「左側に動かしたいのか」で考えると、判断しやすいでしょう。

下の手順で回せば、ついに6面の完成です!!

previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider
スポンサーリンク

6面が完成したあなたへ!!

6面の完成、おめでとうございます!!!

今は6面が完成して、嬉しい気持ちでいっぱいだと思います。

あなたと完成の瞬間を一緒に迎えられて、私もとても嬉しいです!

初めて完成した時の感動を、私は今でも覚えています。

ですが、しばらく喜んだ後、私は「早く解けるようになりたいな」と考え始めました。

6面を完成させたあなたも、早く解きたいと考え始めるかもしれないので、その方法についても触れておきます。

早くなる方法を簡単に説明

まずは、この記事の手順を暗記して、何も見ずに6面を揃えられるようになりましょう。

2, 3回は手順を見ながら練習して、その後は手順を見ずに挑戦します。忘れたら手順を確認し、また見ずに挑戦します。

手順を暗記できる頃には、3分を切っていると思います。まずは暗記して、3分切るところから始めましょう。

キューブの持ち方や回し方は、上手い人の動画を見て、指使いをマネしてください。

1つの面を動かすのに、毎回5本の指で掴んで回していたら、さすがに3分切るのは難しいですからね(笑)

3分切った後の改善点

その後の改善点を、簡単に上げるとこんな感じです。

  • 最初のクロスを下面で直接作る
  • F2Lを覚えて下2段を同時に入れる
  • OLLを覚えて上面を一気に揃える
  • PLLを覚えて上1列を一気に揃える

「 F2L, OLL, PLL 」は、パターンの暗記になります。

6面の完成手順を暗記したら、徐々に効率のいい手順を覚えて、切り替えていく感じですね。

私はF2Lという手順を覚え始めてから、1分を切れるようになりました。

現在は、F2L, OLL, PLLを少しずつ覚えた状態で、平均で33.45秒、単発自己ベストが22.00秒です。

未経験者からすると早いタイムですが、キューブの世界では「ひよっこ」です。ここから先はとてもじゃありませんが、人に教えられるレベルではありません。

とりあえず、早くなるには暗記が必要なんだなと、思っておいてください(笑)

今回はここまでです。

6面の完成、本当におめでとうございます!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました