分析思考が第1位の私は、ストレングスファインダーの結果を自己分析する。

あなたは、ストレングスファインダーを知っていますか?

色んな人が紹介しているので、すでに知っているかもしれませんね。

ストレングスファインダーは、簡単に言ってしまえばとても精度の高い「診断テスト」です。

その結果を語って、私をより深く知ってもらおう!という記事です。

すでに診断を受けている方は、自分の結果と見比べて、楽しんでもらえたらと思います。

ストレングス・ファインダーを知らないよという方は、『書籍 – さぁ、才能に目覚めよう』の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

私の診断結果

  • 第1位:分析思考
  • 第2位:親密性
  • 第3位:学習欲
  • 第4位:内省
  • 第5位:慎重さ

上記の強みを、4つの資質群に分けるとこうなります。

戦略的思考分析思考, 学習欲, 内省
人間関係構築力親密性
実行力慎重さ
影響力なし

私の考えすぎる性格が、【分析思考・学習欲・内省】【慎重さ】に出ていますね。

第1位【分析思考】

自分自身の診断結果を見たとき、「当たってる」「すごいなぁ」と思った方は多いでしょう。

【分析思考】が第1位の私は、「こんなもんだよね」と少し冷めた反応でした(笑)

周りからは、いつも冷静で落ち着いていると言われるのですが、頭の中でメチャクチャ考えているんです。

扇風機って涼しいじゃないですか?

でも内側ではモーターがせわしなく動いて、熱くなっていますよね。そんな感じです。

診断結果を見たとき、私はこう思いました。

自分の考え方や行動のデータを、あれだけ詳細に取ったのだから一致して当然だろうな。

スゴイのは特徴を34分類にまで絞ったことと、才能の有無ではなく順位表示にしたことだよなぁ。

才能を見つけるというより、自分自身を認めて前へ進むためのツールって感じだな。

どうですか?つまらない奴だなと思いましたか?

これでも楽しでいるんです。新しい視点で物事を考えられて面白いなって。

上位の資質って、自分が無意識にやってしまうことですからね。こういう人もいるんだなって、思ってください。

スポンサーリンク

第2位【親密性】

ごくまれに私がツンデレに見られるのは、これが原因だと思っています。

自分の中で「心を許した人」と「そうでない人」に、きっちりと分かれているんです。

一定のラインを超えると、すごく仲良くしたいと思うんですよ。

悩み聞きたいし、困ってたら助けたいし、やりたいこと応援したいし。何ていうか、過保護な親みたいになる。

冷静でクールな印象がある『戦略的思考』の資質群と、【親密性】とのギャップが大きいのかもしれないですね。

第3位【学習欲】

「学ぶプロセスに心を惹かれる」この文字を見たとき、すごく納得しました。

私が熱しやすく冷めやすい性格なのは、学べる部分が少なくなると、興味や関心が薄れるからかもしれません。

私は小学生の頃、たくさん資格を持っている人をテレビで見て、かっこいいなぁと思っていました。

今思うと資格の多さに憧れたのではなく、ずっと学んでいる「生き方」が好きだったのかもしれません。

第4位【内省】

とにかく考えることが好きで、ひとりの時間を楽しめるタイプ。

外に連れ出してくれる友人がいないと、ずーっと考え事をしながら、家の中にひきこもっています

思考が次から次へと展開していくので、自分の考えたことをメモするのも大変だし、まとめるのも大変。

「今考えていることは、考える必要があるのか考える。」という無駄すぎる工程をはさむと、思考がスッキリする変人です。

「○○ってどう思う?」といった、抽象的すぎる質問は苦手。考える余地がありすぎて、何から話すか考えちゃう(笑)

第5位【慎重さ】

私が真面目だと言われるのは、【慎重さ】からきていますね。イメージでいうと、石橋を叩いて「砕く」感じです。

しっかりしているように見えるのか、学生時代はリーダー職をお願いされることが多かったです。

相手に誤解されないよう、自分の言い回しや立ち振る舞いはかなり気にかけます。

人の視線や雰囲気に敏感なので、外出先でも我を忘れて楽しむことができません

外にいると、疲れちゃうんです。

そして行き着く先が、「インドアって最高だな!」です(笑)

最後に

私がどんな人なのか、少しは知ってもらえたでしょうか?

上位に【慎重さ】があるように、私は普段自分についてほとんど話しません

だから、これだけ自分を語っているのは珍しいんですよ。ほんとに。

ちょっとでも気が合いそうだなと思ったら、仲良くしてやってください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

性格診断の結果一覧

タイトルとURLをコピーしました